• Mioi Forster-Nakayama

Newsletter No.5 Encountering Body Mapping

Updated: 3 days ago


Hello, everyone. I hope you all are doing well in the midst of the coronavirus fear. In London, I enjoy seeing cherry blossoms and flowers blooming all of sudden and there is a huge expectation in me that spring is so near to us! In this newsletter, I would like to talk about my encounter of body mapping which is deeply connected with nature and seasons.


In my last blog, I mentioned about my grief over my mother’s passing. I wanted to paint and embody this sad feeling somewhere. “Body Mapping” was a perfect place to realise this wish. It is Annette Schwalbe (https://www.annetteschwalbe.co.uk/) who is a somatic body mapping practitioner and dance movement psychotherapist who has been offering body mapping(BM) in the U.K. BM is where you deeply get in touch with body sensations through movement, stillness or meditation and later express arising images and feelings through colours and objects on a body-sized canvas. In 2015 spring, first time I participated in the Anette’s two-day long workshop. In this BM circle, women with different backgrounds come together to express, listen, share, embody, paint and so forth. The space is safe and contained. It was an intense yet nurturing journey for me with the other women. My body map was all about life and death.


In the BM circle, you will be guided to actively connect yourself with body sensations and arising images and colours. You lie down (or sit or stand) and let your body feel any sensation in any part of the body, but you don’t force yourself to “find” sensations and images. You allow yourself to be yourself at this moment. You are not aiming to produce a beautiful masterpiece in this occasion, but try to understand your inner deep emotions through bodily sensations.


In the workshop, I felt something very strong in my shoulder and connected this sensation with my bereavement; there were seashells that I cracked and pasted on the shoulder covered with the green leaves image on the canvas. This act came from the experience of the trip with my father right after my mother’s death; my father and I travelled to an island that my mother wished to visit, to scatter my mother’s bones at the seashore. In Japan, you get bones of the deceased, not ashes when cremating body. Legally, you are not allowed to scatter bones in the sea, therefore, my father had to crack her bones into pieces before the trip. This was a really painful scene that I had observed and it still vividly remains in me. However, by recalling this and recreating the image of it, I felt our sorrow was acknowledged on the canvas.


I also painted blue around my womb as my other concern at that time was about fertility/pregnancy/birth. I quickly painted this part and noticed myself that I was avoiding to deeply explore about it. Interestingly, on my body map, there was death and life in the same space.


Towards the end of making the body map, Annette noticed that my body line was disappearing as I was painting nonstop. She then posed me and drew my attention to the meaning of the body line. She reminded me of the importance of keeping the line protected like a boundary. So, I drew another line over the old one again and she (the woman in the map) looked more alive.


The body mapping experience helped me to let my emotions out safely and be authentic about how I felt. I really cherished this experience and thought of doing more of these

sessions.


After four years, I pursued to become a body map practitioner under the supervision of Annette. I wish to deliver body mapping for those who need it. In Australia, hopefully for pregnant women and women in general, so that they can feel more empowered through BM experience.


More details on Body Mapping https://www.intertwinebodymind.com/body-mapping

Picture of Body Mapping https://www.intertwinebodymind.com/gallary-1

#dancetherapy #artstherapy #movement #psychotherapy #mentalhealth #bodymapping


ニュースレターNo.5 – ボディマップとの出会い

 こんにちは。コロナウイルス拡大脅威の中ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。ロンドンは、2月中旬から梅や桜など春の花が咲き始め、春の訪れが近いことに待ちきれない思いで私はいます。今回のニュースレターでは、自然と季節に深いつながりがある「ボディマップ」との出会いについてお話したいと思います。

 前回のニュースレターでは、母の死によるグリーフについて書きました。この悲しみをなんとか体現して絵にできないかと思っていたところ、「ボディマップ」(以下、BM)というものに出会うことができました。イギリスではアンネッテ・シュワルベ(https://www.annetteschwalbe.co.uk/)というBMファシリテーターでありダンスセラピストがBMのワークショップを行っています。BMは体を動かしたり、静止することにより体の中で感じる感覚に出会い、その経験を等身大のキャンバスに色彩やオブジェを使って浮かんできたイメージや気持ちを表現するものです。2015年の春初めて私はアネッテの2日間のワークショップに参加した。BMでは、様々なバックグラウンドの女性が集まり、自分の話をシェアしたり、人の話を聞いたり、一緒に動いたり、絵を描いたりなどする。これが行われる空間はとても安全で信頼できるものだ。私にとってはある意味濃くてきつかったけれども、他の女性たちと共有できた実りあるプロセスだった。出来上がった私のボディマップは生と死についてだった。

 BMでは、身体の感覚を探求し、沸き起こるイメージや色と自分を結びつけるようファシリテーターにより積極的に導びかれる。横になって(或いは座る、または立つ)、体のどこで何を感じるかを探求するのだが、無理に感覚やイメージを見つけ出す必要はない。その瞬間、自分があるがままでいることに対して自分に許可を与えるという作業。ここでは素敵な絵を描くことや美を追求することが目的ではなく、体の感覚を通して自分の奥底にある感情を理解することに焦点を当てる。

 ワークショップでは、実際に私は肩に強い感覚を覚え、それが私のグリーフにつながっていると感じた。マテリアルの中に貝殻があり、それを砕いて緑の葉っぱのイメージと合わせて肩にそれらを張り付けた。これは母が訪れたかった長崎県五島で父と散骨する旅をする前に、父が家の玄関で母の骨を取り出して、砕かなければならなかったことに由来する。父が黙々とそれをやっているとき、言葉に表せない悲しみを私は感じ、またその父の姿が忘れられない。しかし、これを思い出し、再現したことで、キャンバスの上に再度そのとてつもない悲しみが認識されたことはとても意味があったと思う。

 また、胎盤辺りを青で染めたのも、当時とても不安を感じていた妊娠に関してだった。この部分にはあまり深入りせず急いで色をつけたのは、ほぼ無意識的にあまり触れたくないと回避していたからだ。結局同じ紙の上に生と死が共存する、というボディマップに仕上がった。

 ボディマップを仕上げる最後の方で、アネッテが、私が最初になぞったボディラインが消えそうになっているのに気づいた。そこで彼女は私の手を一旦止めて、ボディラインの意味について考えてみようと言ってきた。そして、境界線を保つことの大切さをリマインドしてくれた。最初引いた線の上にもう一度線を書き直したら、彼女(キャンバスに生まれた女性)がより生き生きとしてきた。

 ボディマップの経験により、自分の感情を安心して引き出し、自分が感じたことに忠実になれたと思う。そしてこの経験ができたことにとても感謝し、もっとやってみたいと感じた。

 そして4年後の去年、私はボディマップをファシリテートする資格をアンネッテの指導のもと得ることができた。必要としている人にこのボディマップの機会を届けたいと願っている。オーストラリアに移住してからは、特に妊娠女性や女性一般に対して、エンパワーできるようワークショップを開催していきたいと願っている。


ボディマップの詳細 https://www.intertwinebodymind.com/body-mapping

写真 https://www.intertwinebodymind.com/gallary-1

ビデオクリップ https://youtu.be/Wl-DQrkxiTI


#ダンスセラピー#アーツセラピー#動き#心理療法#メンタルヘルス#ボディマップ

  • Wix Facebook page
  • Twitter
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now