Newsletter No.15 – Body Mapping Workshop and More


Hello, everyone. I hope you all are keeping yourself safe and well. Adelaide where I live now has been hot and cold, the weather changing all the time. There were bushfires relatively close to where I live now and we had to keep the radio on for the updates until the late night. It was scary. Next morning, we smelt something burnt strongly after the fresh rain. As far as the covid situation is concerned, some cities in Australia have been back to snap lockdown and come back to another normal.


My first workshop of this year that I held was Body Mapping in Adelaide. For the two-intensive days, my amazing colleague, Vanessa Daughtry and I worked so hard – together we moved, listened, stayed in collective silence, supported and held the expressed fear and sadness by the participants. We had the two lovely women who committed honestly and engaged tirelessly in the process. The aim of the workshop is to deeply connect with the body and creatively express bodily felt senses on a body-sized paper. We are not working towards making a ‘beautiful’ artwork. Vanessa and I had a joy of witnessing the movement, development of the maps and being deeply connected with the participants. With their permission, I am delighted to share some of our work here.


One day before the workshop, I was thinking of how I personally would be engaging in this big project. At the end of the day, well, around 11pm (as I did not have time for myself), I started to do movement response to this upcoming workshop– something that dance movement psychotherapists practice. Respond to a situation by spontaneously and authentically moving. I was gently, slowly moving in the small space with a strong sense of rooting my body on the ground. I did a drawing after the movement as well. Next day, just before the workshop, I shared with Vanessa that I was feeling of “being not good enough” as a facilitator. I acknowledged my weakness and fear and felt calmer and more grounded after the sharing. Vanessa and I would like to continue to offer the workshop seasonably in Adelaide. We are happy to announce the next Autumn workshop will take place on 23rd and 24th April 2021. Details are here.


The last two weeks I have been sitting with the overwhelming feeling about work opportunities. I am getting a sense of arts psychotherapies blooming in Adelaide. I have been busy with networking with therapists of different arts psychotherapy modalities and planning more workshops. I am hoping to soon provide a space for people in Adelaide to connect with their body and move. It will be an experiential movement space for those who would like to simply move or experience an essence of dance/movement psychotherapy. I have been putting myself in a situation where I may be doing too many things at this moment. However, I must share with you that I am also feeling my life is short. After my mother’s passing in 2013, I am living with a fear of death. She died due to breast cancer and I know she would have achieved and enjoyed her life more only if she would have been able to live healthy. She was as enthusiastic and curious as I am. She always wanted to learn, travel, see things and so on. So, if not now, it will be “never” for me. I am living with this feeling. However, I am mindful with possible burnout therefore I am reminding myself that it is important to do one thing at a time.


As more vaccinations roll out now, I really hope we can again live in a safer world. It will be soon one year since the pandemic started. We may need to live with virus for a while, but hopefully unification of families and friends will happen soon this year. I really hope you all stay safe. Thank you for reading my newsletter. I appreciate your comments, feedback and suggestions to me (info@intertwinebodymind.com)!


Subscribe Newsletter : Click Here

#dancetherapy #SA #bodymapping #adelaide #mentalhealth #coronavirus


ニュースレター No.15 – ボディマップワークショップ報告

 こんにちわ。コロナが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。私が住んでいるアデレード市は日中は暑く(ひどい時は40度ぐらいまで)、夜は肌寒い日々が続いています。最近、山火事が私たちの地区近くまで迫ってきたこともあり、びくびくしながら最新情報を得るためラジオを夜中つけて聞いていました。幸いにも明け方に雨が降りましたが、焼けた匂いが漂っていたのでぞっとしたところでした。オーストラリアはコロナのケースが1件でも発生したことでロックダウンに入るような状況が何度かあり、そのあとまた規制が緩和されるのを繰り返しているのが現状況です。

 今年初めて主催したワークショップは、ボディマップというもので、コロナ禍の中対面で、アデレード市で開催することができた。経験豊かで素晴らしいサイコセラピストであるヴァネッサ•ドートゥリィという同僚とこのワークショップを濃い二日間、作り上げることができた。共に動き、耳を傾け、集団の中の沈黙に身を置き、また参加者が表現した恐れや悲しみに寄り添い、サポートをすることができた。二人の女性が率直に、精力的にこのワークにコミットしてくれた。ワークショップの目的は、体と深くつながり、体で感じたことやイメージなどを、体の大きさと同じサイズのクラフトペーパーに表現することだ。素敵なアートを作り上げることが目的ではない。ヴァネッサと私は参加者の動きをじっくりと見守り、マップが発展していくのを見届けること、参加者と深くつながることができ、それを楽しむことができた。参加者の許可を得た写真をここに公開したいと思う。

 ワークショップの前日、この大きなプロジェクトに自分はどう個人的に関わるのか、ということを考えていた。(自分の時間が全くなかったため)夜中の11時頃になってムーブメントレスポンスという、ダンスセラピストが常に行うことを行ってみた。明日行われるワークショップについてどう自分が感じているのかを動きで応えるというものだ。与えられた状況に対して即興的に動きを通して表現することでもある。狭い場所で、自分の体をどっしりと構えながら、ゆっくりやさしく動く自分がいた。動いた後に自分が得たイメージや感情を絵にもしてみた。次の日、ワークショップの直前、ヴァネッサにファシリテーターとして❛十分ではない❜自分がいるかもしれないという恐れと弱さについてシェアをした。シェアをした後、不思議と気持ちが落ち着きもっとどっしりと構えることができた感覚を得た。ヴァネッサと私はこれからも季節ごとにこのボディマップのワークショップをオファーしていきたいと考えている。次は秋(オーストラリアの秋は3月から5月)のワークショップで4月23日、24日にアデレード市で開催をすることをお知らせしたい。詳しくはここから。

 この2週間仕事が入ってくることに少し圧倒されている自分がいる。アデレード市では芸術療法が今開花しているような印象がある。別の芸術療法を実践しているセラピストたちとネットワークを築いたり、ワークショップを企画したりと今忙しくしている。アデレードで、体とのつながりを動きを通して見つけることができるようなワークショップを企画している。単に動きたいと思っている人、ダンスセラピーについて知ってみたい人などを対象とした実験的なムーブメントスペースをオファーしたい。たくさんやりすぎかもしれないという状況に自分を置いているような気がするが、本当は、人生は短いという焦りがあるからだと思う。2013年に母が亡くなったとき以来、死の恐怖と生きている自分がいる。母は乳がんで亡くなったが、健康体だったらもっと人生を謳歌していたと思う。母は私と同じで好奇心旺盛で、熱心な人だった。何でも学びたい、旅行して見識を広めたいと常に思っていたと思う。今でなければこの先はもっと起こらない、と正直なところ思っている。もちろん燃え尽きないように気を付けなければと思っているし、一つずつやっていくことの重要さを心に留めておきたいと思っている。

 オーストラリアや他の先進国ではワクチンが出回り始めたので、もっと安全な世界になることを願っている。パンデミックに入ってもう少しで1年が経とうとしている。まだウィルスと一緒につきあっていかなければならないだろうが、早くばらばらになっている家族や友人と会える日が来ることを切に願っている。ニュースレターを読んでくださってありがとうございます。コメント等があればぜひご連絡ください。メールはinfo@intertwinebodymind.comまで。

定期購読はこちらから。

#dancetherapy #SA #bodymapping #adelaide #mentalhealth #coronavirus


2 views0 comments

Recent Posts

See All
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now