Newsletter No.11


Good bye to London and Hello to Adelaide

Hello, everyone! Greetings from Down Under! Yes, I am finally here in Adelaide. After flying for 20 hours with the 15 hour transit in between, we were taken to the mandatory 14-day quarantine straight after we landed in Australia. I am still feeling really surreal about having emptied the London flat and made a huge move to South Australia. In this edition, I would like to reflect on my goodbyes about my London life and talk a little bit about where I am now.


I have started to write this newsletter just before leaving London and supposed to publish it on the 1st September. My excuse of having been unable to do on time is that my family and I had the really crazy days to clean, chuck and hand over loads of stuff. And now I am sitting quietly and writing to you at a “luxurious prison” in Adelaide.


I mentioned in the newsletter No.8 that I feared that I might not be able to say good bye to the friends in person due to the current situation. However, luckily the lockdown eased down in London since July and I was able to meet as many people as I wanted and said good bye mostly in person. I had imagined good byes might bring some tears and difficult emotions, but surprisingly it felt right and ready to me to do so. I lived in London about seven years and the life there was summed up by the hard core study, marriage and parenting. There are many friends in London who have supported me immensely during my MA course, grief of my mother’s passing and the challenging parenthood. Only when I rode the bike from Oxford Street to London Bridge one week before leaving, it hit me emotionally that I perhaps won’t be able to come back to the U.K. for a while. I have never felt London would be a place I feel home, but I will definitely miss its diversity and stimulus cultural vibes. I like the fact that if there is a gather of five people, we all come from different countries.


I am also hugely grateful to my clinical supervisors and my therapists who always remind me of valuing myself, my life and work. They helped me to go through my life challenges and have given me a space to think what matters in my life. They always remind me of needing to be kind to myself and embracing being “good enough” (Winnicott). I will continue the professional relationships with some of them in Australia as well.

To be honest, at the moment, being in this peculiar (quarantine) situation, I haven’t found a place to ground myself and organise my breath. This experience is so extraordinary that my senses are almost forcibly numbed. My thoughts are still wondering around between London and Adelaide. Quarantine is mentally challenging although I must say we are taken care of well by the hotel and the medical team. This experience resembles the one of the beginning of lockdown in London that I was desperately wanting to meet and interact with people. I would just like to acknowledge this consciously and stay with it until the end of the time in this luxurious prison.


Thank you for reading my newsletter. I appreciate your comments, feedback and suggestions. Please write to me (info@intertwinebodymind.com)! Stay safe!


Subscribe Newsletter- Click Here

#dancetherapy #mentalhealth #coronavirus #quarantinelife #downunder


ニュースレターNo.11 ロンドン生活さよなら、ハロー!アデレード

 皆さん、オーストラリアからこんにちは!やっとアデレードに来ました!フライト20時間と15時間のトランジットを経て、オーストラリアに到着しましたが、義務付けられているホテルでの14日間の自己隔離にすぐ入りました。ロンドンのアパートを出て、地球の反対側に大引っ越ししたことにとても現実味を感じていません。今回のニュースレターでは、ロンドン生活へサヨナラしたことへの振り返りと今の状況について少し述べたいと思います。

 このニュースレターをロンドンに出る前から書いており、9月1日に出す予定だった。言い分けをするのであれば、私たち家族は荷物の整理と掃除とに追われ、本当にすさまじい日々が続いていたため時間どおりに送信することができなかった。今現在、アデレードの“豪華なムショ”で静かに座ってこれを書いている。

 ニュースレターNo.8で述べたが、ロックダウンにより個人的に会ってサヨナラが言えないかもしれないと危惧していたわけだが、幸運なことに、8月はロックダウンが緩和されたころであったため、多くの友人に別れをつげることができた。涙涙で、難しい感情が生まれる別れもあるのかと想像もしてみたが、実際には、自分はサヨナラを言うのに心の準備ができていたと感じた。ロンドンにはおよそ7年住んだわけだが、生活は大学院生活と、結婚と、子育てという言葉に凝縮されているだろう。ロンドンでは、大学院での勉強、母の死別、チャレンジだらけの子育てと、たくさんサポートしてくれた友人たちがいる。ロンドンを出る1週間前、オックスフォードストリートからロンドンブリッジまで自転車で駆け抜けたとき、急になんだか涙があふれ出てきて、当分はイギリスには帰って来られないことを実感した。ロンドンは自分にとってホームだと感じたことは一度もなかったけれども、ロンドンが持つ多文化性と刺激的な文化を恋しく思うだろう。5人集まれば、5人とも違う国から来ている、というようなことがロンドンらしく好きだった。

 また、クリニカルスーパーバイザーや私のセラピストたちにも心から感謝をしたい。彼らは、私が自分のこと、人生、仕事に価値を与えることの大切さを教えてくれた。人生における様々なチャレンジに立ち向かうためにサポートしてくれ、自分の人生で何が大切なのかを考えるスペースを与えてくれた。自分に対して優しくなることの必要性やパーフェクトではなく“十分である”(ウィニコット)ことを称賛する大切さを教えてくれた。オーストラリアでもプロの関係性を続けていければと願っている。

 正直言うと、現在、この変わった状況(自己隔離)において、自分が落ち着いて息を整える場所が見いだせていない。この経験は非日常過ぎて、自分の感覚が強制的に無感覚にさせられているようだ。そして、私の気持ちや考えもロンドンとアデレードを行ったり来たりしている。ホテルと医療チームにより手厚いもてなしを受けているけれども、自己隔離は非常に精神的にタフなものだと思う。この経験は、ロンドンであった初期のロックダウンの時に感じた、どうしてもこうしても人に会いたい、という気持ちと似ている。この今の気持ちを意識的に認識して、この豪華なムショでの生活が終わるまで、この気持ちと共にいようと思っている。

 ニュースレターをお読みくださってありがとうございます。もしコメント、フィードバックがあればぜひお願いします (info@intertwinebodymind.com)。みなさんもお気をつけてお過ごしください。


定期購読はこちらから→クリック


#ダンスセラピー #メンタルヘルス #自己隔離#コロナ#オーストラリア

2 views
  • Wix Facebook page
  • Twitter
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now